春の七草と秋の七草


春の七草と秋の七草

七草(ななくさ)は、人日の節句(1月7日)の朝に、7種の野菜が入った粥を食べる風習のこと。

元々の「七草」は秋の七草を指し、小正月1月15日のものは「七種」と書く。この七種も「ななくさ」と読み、一般には7日正月のものを七草と書くなど、現在では元々の意味がわからなくなり、風習だけが形式として残った。これらの事から、人日の風習と小正月の風習が混ざり、1月7日に「七草粥」が食べられるようになったと考えられる。
wikipediaウィキペディア:七草

春の七草

この7種の野菜を刻んで入れたかゆを七草がゆといい、邪気を払い万病を除く占いとして食べる。呪術的な意味ばかりでなく、御節料理で疲れた胃を休め、野菜が乏しい冬場に不足しがちな栄養素を補うという効能もある。

秋の七草

春の七種と違い、秋の七草に直接何かをする行事は特にない。秋の七草はそれを摘んだり食べたりするものではなく観賞するためのものであり、ゆえに「秋の七草がゆ」というものも存在しない。

昔の七草

  • イネ:稲
  • アワ:粟
  • キビ:黍、稷
  • ヒエ:稗
  • ゴマ:胡麻
  • アズキ:小豆、荅
  • ムツオレグサ:蓑米、葟

夏の七草

スポンサードリンク

ランダムフラワーRandom flowers

ページを無作為に表示しています。画像は随時製作中!

  • 画像作成中
  • 画像作成中
  • 画像作成中
  • スイートピー 花言葉 誕生花 イラスト
  • 画像作成中
  • 画像作成中
  • 画像作成中
  • フリージア 花言葉 誕生花 イラスト

気になるモノItem