オトギリソウ:弟切草の花言葉・誕生花St. John's wort

画像作成中

英名:

St. John's wort

分類:

オトギリソウ科 オトギリソウ属

学名:

Hypericum erectum

別名:

セイヨウオトギリソウ(西洋弟切草)
セントジョンズワート:St. John's wort

誕生花:

6/24
11/19
セントジョーンズワート
6/14
11/19

花言葉:

迷信
秘密
盲信
信心
恨み
敵意

関連:

Wikipedia
Google画像検索
Google画像検索

広告:


備考:日本全土から朝鮮半島、中国大陸の草地や山野に自生する。この草を原料にした秘薬の秘密を漏らした弟を兄が切り殺したという平安時代の伝説によるものである。Wikipedia
セント・ジョーンズ・ワート:セイヨウオトギリソウ(西洋弟切草)
様々な修飾語とともに、オトギリソウ Hypericum 属に属する他の種のことを指すこともあり、英語ではそれらと区別するために、H. perforatum を Common St. John's wort と呼ぶ場合もある。 ヨーロッパに自生し、後にアメリカへも伝播し多くの草地で野生化している。 聖ヨハネの日(6月24日)の頃までに花が咲き、伝統的にその日に収穫されたためその名が付いた。セント・ジョーンズ・ワートの医療的利用の最初の記録は古代ギリシアにまでさかのぼり、以来利用されてきている。 またネイティブアメリカンも人工妊娠中絶薬 抗炎症剤、収斂剤 消毒剤として使用してきた。今日セント・ジョーンズ・ワートはうつ病への処置法(あるいはその可能性)として最も知られている。日本においては、薬事法上、薬効を標榜しない限りは「食品」扱いであり、ハーブとして市販されている。しかし、多くの薬物と相互作用をするので、厚生労働省からも注意が必要であると喚起されている。Wikipedia
スポンサードリンク

オトギリソウ:弟切草の別名

タカノキズグスリ(鷹の傷薬)
チドメグサ(血止め草)
[生薬] ショウレンギョウ(小連翹)

セイヨウオトギリソウ(西洋弟切草)
セントジョンズワート:St. John's wort
クラマスウイード:Klamath weed
ゴートウイード:Goat weed
ロシアンローズ:Rosin Rose

ランダムフラワーRandom flowers

ページを無作為に表示しています。画像は随時製作中!

  • 画像作成中
  • 画像作成中
  • 画像作成中
  • 画像作成中
  • 画像作成中
  • 画像作成中
  • 画像作成中
  • フリージア 花言葉 誕生花 イラスト

オススメNews