マツヨイグサ:待宵草の花言葉・誕生花Evening Primrose

画像作成中

英名:

Evening Primrose

分類:

アカバナ科 マツヨイグサ属

学名:

Oenothera odorata

別名:

ツキミソウ(月見草)
主にはマツヨイグサ属の別種の名称

誕生花:

6/2
6/21
6/28
7/22
7/24

花言葉:

移り気
温和
協調
ほのかな恋
静かな恋
浴後の美人
きまぐれ
魔法

関連:

Wikipedia
Google画像検索
Google画像検索

広告:


備考:マツヨイグサ(待宵草)は、アカバナ科マツヨイグサ属の一年生または多年生草本植物で、この語は主にマツヨイグサ属に含まれる植物について種を特定しないで呼ぶ場合に使用される。標準和名マツヨイグサは学名 Oenothera odorata で呼ばれる種を指すが、こうした用法では滅多に使用されない。マツヨイグサ属にはおよそ125の種が含まれており、14節が構成される。どの種も南北アメリカ大陸原産であり他地域には産しない。一日花であり、多くの種が夕刻に開花し夜間咲きつづけ、翌朝には萎む。これが「月見草」や「待宵草」の名の由来である。
マツヨイグサ属には黄色以外の白、紫、ピンク、赤といった花を咲かせる種もある。標準和名では、黄花を咲かせる系統は「マツヨイグサ」(待宵草)、白花を咲かせる系統は「ツキミソウ」(月見草)と呼び、赤花を咲かせる系統は「ユウゲショウ」(夕化粧)などと呼んで区別しているが、一般にはあまり浸透しておらず、黄花系統種もよくツキミソウと呼ばれる。Wikipedia

マツヨイグサ:待宵草の色や形別の花言葉・誕生花

大待宵草
ほのかな恋
秘めた情熱
人の良さ
美人
大待宵草
6/13
7/24
スポンサードリンク

マツヨイグサ:待宵草の別名

ヨイマチグサ(宵待草)
ツキミソウ(月見草)
主にはマツヨイグサ属の別種の名称
イブニングプリムローズ
Fragrant evening primrose
マツヨイグサ:待宵草
Large flowered evening primrose
オオマツヨイグサ:大待宵草
[生薬] 山芝麻
ヤライコウ(夜来香)
ナス科のヤコウボクの別名でもある
Cure-all king:万能薬の王様

ランダムフラワーRandom flowers

ページを無作為に表示しています。画像は随時製作中!

  • チューリップ 花言葉 誕生花 イラスト
  • 画像作成中
  • 画像作成中
  • 画像作成中
  • 画像作成中
  • 画像作成中
  • 画像作成中
  • 画像作成中

オススメNews